2014年11月27日

11粒の玄米

おはよ〜ございます!!

先日は北風ピュ〜ピュ〜さ〜むい一日でしたねぇ。

本日は快晴!秋晴れ、いやもう冬晴れでしょうか??

今日も一日よろしくお願いします!『新倉日記』です。

ちょっと古いニュースですが、今年の初め奈良県の秋津遺跡で弥生時代(前期)のものと思われる玄米が11粒出土したそうです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1900X_Z10C14A1CR8000/


wlf14012012410012-n1.jpg


とても良い保存状態で当時の稲作の実態究明につながるのでは?と大きな期待を寄せられています。


同遺跡では過去にも縄文時代のノコギリクワガタも出土しており、保存に適した環境が保たれていた可能性があるそうです。


view.jpg


【縄文時代にもクワガタがいた。しかも今とほとんど変わらない姿で!】

なんかこういったニュースを見るとワクワクしちゃうのは私だけでしょうか?


新たに発見された玄米からも当時の稲作がどのように行われていたのか、品種や精米過程などどのようなものだったのか。これからの研究が楽しみですね。


さて、本日は少しだけ日本のお米の歴史を。


kome_03.jpg


日本人日本におけるお米づくり・稲作の歴史は非常に古く、とお米との初めて出会いははるか縄文時代にまでさかのぼります。



中国から九州へと伝わったとされる稲作技術によって、少なくとも3000年以上前から日本人がお米をつくっていたことが明らかになっています。



最も古い田んぼ(水田)としては約2500年前のものが岡山県で発見されています。 そして縄文時代から弥生時代にかけて、お米づくりは日本中に広がっていきました。



当時と今の農作業の違いとしてはたとえば以下のようなものが挙げられます。


昔 … 種籾(たねもみ)を直接田んぼに撒く
今 … 種籾を発芽させて15cmほどの苗まで育ててから田植えする


昔 … 実った穂の部分だけを刈り取って収穫する
今 … 稲の根本から刈り取って収穫する農業機械や農薬はもちろん鉄製の農機具も無いような時代ですから具体的な作業には違いがたくさんあります。



しかし初夏に田んぼに稲を植えて秋に刈り取りをするというサイクルなど基本的なところは変わっていないと言えます。



古代に始まった日本のお米づくりは九州地方から東へと広がりました。



2200〜2300年前の時点では現在の青森県まで田んぼでのお米づくりが伝わっていたことが分かっています。



ではどうして日本中で稲作が行われるようになったのでしょうか?



一番大きな理由としては日本の気候が挙げられます。


雨が多く降る季節(梅雨)と雨が少なく暑い季節(夏)がある日本の気候がお米づくりに適していたのです。


これはタイやインドネシアなどの東南アジアおよび中国などお米の生産量の多い地域に共通するポイントです。


また食味の良さや長期間の保存がきくという点も主食としてお米が選ばれた大きな理由です。


日本人にとってお米とは単なる食べ物ではありません。



様々な儀式や風習など、日々の生活様式にも深く関わる特別な存在と言えます。


たとえば相撲。


5cdab57d.jpg


日本の国技とされる相撲も豊作を祈る目的で奉納されたそうで、相撲の土俵入りなどの際に「しこ」を踏む動作がありますが、これは大地を力強く踏みしめることで土地から害虫や厄などの災いを追い払い、豊作をもたらす田の神の力が消えないようにするという意味があったとされています。


oriori23.jpg



他にも日本は世界で唯一、経済力の証としてお米が用いられていていました。

その土地から何石分のお米が取れるか? という観点で土地の生産性・価値を表しました。

ようは経済的価値を、お米を基準に定めようと考えたわけです。お米=お金だったんですね!


kokudakakansan.jpg


これを「石高制」と呼びます。


みなさんも、一度は耳にしたことがあると思いますが、「加賀百万国」とは、加賀藩の領地全体で100万石のお米が獲れるという意味を表しています。


e8f8e2fe30dd5ca42d6a31b7972c0962c1f707d8.jpg


百万石とはどのくらいの米の量かというと・・・「1石=1000合」ですから、1合を約150gとすると、百万石は約15万トン!

トンだけにトンでもな〜い(OYAGY!GAGU)!?計算になります。


EPIC.jpg
(例:15万トンの豪華客船ノルウェージャンエピック)


この1石という単位。じつは、1人の人間が1年間に消費するお米の量に相当しているそう。つまり計算上では、“加賀百万石”の場合、領内に百万人もの人口を養える力をもっていたことになります。wikiより


お米がたくさん獲れるということが日本においては古くから非常に重要なことだったのですね〜。

b6719dede48d2c03bdef9c66d140aeeb.jpg


さらにさらに日本人にとってお米が特別だとわかるのが、日本では、生えてれば稲、実は籾、脱穀して米、炊いて飯、煮ると粥と細かく言い分けますが、英語で米はライスで、生えてても、炊いても、ライスです。


日本にとってお米が重要であるとわかっていただけたでしょうか?


book4-5.jpg


お米の価値とか重要性が経済的な事柄ばかりになってしまいましたが、日本人にとってお米が特別なのは経済的な価値観の他にも精神的な愛の象徴という側面も持っていると思います。



この話は日本神話まで遡ってしまいますので、また次の機会にしますが、私達の先祖が他の食物と違って、お米に特別に精神的な意味合いを持たせて尊ぶのは、それが人間にとって一番大切な命の根、すなわち「愛」を表しているからだと伝わっているのです。



そのような思いで食卓にあがったご飯をいただいたなら、真にお米のありがたさ、尊さを感じざるおえないですよね。



今も日本では、お米がたくさん獲れることを祈願し、お米が食べられることに感謝を送っています。


それは日本人が生活を営んでいく上で欠かすことのできない精神の持ちようであるとはいえないでしょうか?


・・・ですので、お米を買ってください。

右斜め下 新米 右斜め下 新米 右斜め下 新米 右斜め下

https://shingura.sakura.ne.jp/ec/shop/

新米 右斜め上 新米 右斜め上 新米 右斜め上


100万石は在庫がないですが、1石ならありますのでww(150kg)


右斜め下 新米 右斜め下 新米 右斜め下 新米 右斜め下

https://shingura.sakura.ne.jp/ec/shop/

新米 右斜め上 新米 右斜め上 新米 右斜め上


ついついお米のこととなると熱くなって、まとまらず長〜〜くなってしまいますね('_')反省


そして先日、予告した内容とまったく関係ない内容を綴ってしまいましたm(__)m猛省



今後とも『新倉日記』よろしくお願いいたします!!(・・・できるだけ更新して、毎日の平均アクセス数が100平均になると嬉しいなぁ(^'^)(現在80平均)

posted by 新倉 at 11:02| 新着情報

2014年11月26日

朝『ご飯』のチカラB 第三のメリット『ご飯』が『○○○○』によって『地球を救う!?』

こんにちは!『新倉日記』です。(今日は文章長めですw)

今日もあいにく雨雨〜曇〜雨

寒いし、眠いし、悲しいしw


こんな日は、早く帰って温かい愛情「ご飯」を食べたいですが、

朝からそんなことも言ってられませんねw

ところで皆さんは、連休中は紅葉とか見に行きましたかぁ?


mImage.jpg


鴨川の不動滝の紅葉


o0560037411671346098.jpg


鴨川の不動滝の紅葉


o0560037410880024702.jpg



鴨川の不動滝の紅葉は美しいですよ!

ぜひ一度行ってみてくださ〜い!


さぁ、今日もみなさまお仕事頑張ってくださいね!


新倉もパワーパワーで本日も営業中ですよ〜!!


さて、本日の『新倉日記』。

いまさらですが以前にご紹介した朝『ご飯』のチカラの続きを綴らせてくださ〜い。



前回まで

10/15 朝『ご飯』のチカラ@ 第一のメリット『栄養・健康面』
↓↓↓
http://shingura.sblo.jp/archives/20141015-1.html



10/16 朝『ご飯』のチカラA 第二のメリット『お米は太らない??ダイエットに効果あり??』
↓↓↓
http://shingura.sblo.jp/archives/20141016-1.html

を御紹介させていただきました!




そして本日は、B 第三のメリット『ご飯』が『○○○○』によって『地球を救う』ことです。



ご飯が○○で地球を救う・・・??


意味が解らない・・・っと思われる方も多いと思います。


さて、『ご飯』でなぜ地球が救われるのか?


その答えは『地産地消』なんです。


みなさんは『地産地消』という言葉をご存知ですか??


もう有名な言葉になってきましたよね。




『地産地消』とは @『地元で消費する』

【地産地消とは、国内の地域で生産された農林水産物(食用に供されるものに限る。)を、その生産された地域内において消費する取組です。食料自給率の向上に加え、直売所や加工の取組などを通じて、6次産業化にもつながるものです。】wikiより



『地産地消』の有名な意味は、@のような内容が先だっているのではないでしょうか?




そして、まだ『地産地消』には重要な意味があります!



A『消費者と生産者間のコミュニケーション』

【地域で生産されたものを地域で消費するだけでなく、地域で生産された農産物を地域で消費しようとする活動を通じて、農業者と消費者を結び付ける取組であり、これにより消費者が生産者と『顔が見え、話ができる』関係で地域の農産物・食品を購入する機会を提供するとともに、地域の農業と関連産業の活性化を図ることと位置付けています。】


・・・コミュニケーション・・・


そうなんです、鴨川市でも、一部の市場や道の駅、お土産屋さんなどでは、直接生産者と

『コミュニケーション』を図りながら、新鮮な地元産農産物を購入できるため、地産地消に

関心の深い多くの来場者で賑わっています。新倉でも来店された方には、お米の浸水時間や

どういうお米なのかを説明する事によって、来店されたお客様とできるだけ『コミュニケー

ション』を取らさせていただいております。


そのせいか、リピーターも多く、お陰さまで多くの注文をいただいております。


環境・社会において考える上でも、多くの『コミュニケーション』が必要であり、『消費者と生産者間のコミュニケーション』として、消費者であるお客様が地元の生産者と販売品について生産について語りあう、そこで食文化のつながりが生まれ、おいては地域の環境や生物のこと、身近な地元の特産品や地元食文化についても話し合う事もあります。



ちょっと『ご飯』から離れたような感じがするでしょうが、『ご飯』はお米であり、お米は立派な地域農産物、地産地消の対象なんです。



そしてB『燃料やエネルギーの節約』

【地元産の農産物を同じ地元で販売していくと、輸送時に必要な燃料やエネルギーの節約と共に、余分なCO2の削減にもつながり、間接的に地球温暖化対策としても役立っている。】




地球高温化、異常気象・災害、食糧問題、水問題、エネルギー問題、過疎化、不景気、孤

立、孤独死… 現代社会のキーワードを挙げると暗いものばかりですが、『ご飯』が『地

産地消』によって『地球を救う』こと。

観光で来る消費者、お客様とお話しする事は、高齢者の多い農家さん(地元生産者)や他の

一次産業の生産者、それを販売する地元の方々にとっても多くの元気を与えてくれていて、

まさに地域の農産物・食品を購入する機会を提供するとともに、地域の農業と関連産業の活

性化を図っているんですね。



『ご飯』が『地産地消』によって『地球を救う』こと。


それは『地元で消費する』、『消費者と生産者間のコミュニケーション』、『燃料やエネルギーの節約』という本当の意味での『地産地消』によって達成されるのです。



ということで、長くなってしまいましたが、次回も『新倉日記』宜しくお願いします!!


↓↓もうすぐ送料500円終了!↓↓
https://shingura.sakura.ne.jp/ec/shop/



さぁ〜て来週の『新倉日記』は、


『長狭米で○○』しよう!!

『○○○米』でガンが治る!?@〜D

新倉 新商品『○○加工米』!!

のどれかですw(サザエさん風)


お腹すいたのでこの辺で失礼しま〜す!!


じゃ〜んけ〜ん↓↓

http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%81%98%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%91%E3%82%93+%E3%82%B0%E3%83%BC#mode%3Ddetail%26index%3D7%26st%3D106


「長狭米 新米」よろしくで〜〜す!!


右斜め下 新米 右斜め下 新米 右斜め下 新米 右斜め下

https://shingura.sakura.ne.jp/ec/shop/

新米 右斜め上 新米 右斜め上 新米 右斜め上
posted by 新倉 at 12:40| 新着情報

2014年11月25日

新商品!

こんばんわ!

本日は連休明けという事もあり、こんな時間にブログ更新となってしまいました。

『新倉日記』です。

本日は、秋の雨、なんだか寂しい気分・・・でしたね。

20060906lycoris1.jpg

しかぁ〜し!!!
新倉は社員全員パワー全開の営業で、連休明けを乗り切ることが出来ました。

ネット販売も皆さまのおかげで昨年よりも好調です!本当にありがとうございます!!!

連休中にご注文頂いた方、お問い合わせいただいた方、本日発送致しましたのでもうしばらくお待ちください!


そして先日『ブログ更新しっかりね〜』との暖かいお言葉頂きましたので、秋の雨にもマケズ、冬の寒さにもマケズ、更新していきます!ありがとうございます!!!

DSC01479.JPG

さてさて、本日は新商品『真空サイコロ米』の御紹介です。

やっと新商品!

これからもネット商品を増やしていこうと思います!

そして企画している新商品たちの『エース』↓↓↓

DSC02523.JPG

千葉県産のお米のみ使用。300g入り。
「鮮度」と「美味しさ」にこだわり、真空包装した商品。 
可愛くて手ごろなサイズのサイコロ型なので、贈呈品やイベント商品、
結婚式の景品、ゴルフコンペの景品、キャンペーンのプレゼントなどの幅広い用途にお使いいただけ、
真空状態ですので美味しい状態のまま、安全な非常食としても保存することができます。
予定金額300g 1個 ¥300 【オリジナルラベルも作れます!】

現在、鴨川では『房総 道の港まるたけ』にて販売中です!
http://www.boso-marutake.jp/

鴨川に寄ったお土産としても、手軽で可愛くて美味しいエース『しんくーサイコロ米』君をよろしくお願いします!

ネット販売も予定しています!https://shingura.sakura.ne.jp/ec/shop/

DSC02522.JPG

ぜひ販売の際はよろしくお願いいたします!

ではではみなさん、寒いので風邪などひかぬよう、そして夕食にはやっぱり『ご飯』〜〜!!

201106190233.jpg

↑↑↑鍋とビールと白いご飯で今日一日の疲れをいやして明日また頑張りましょうね〜!

〆はやっぱり雑炊でしょ〜〜〜!↓↓↓

200597825_624_v1396163138.jpg

また明日『新倉日記』よろしくお願いしいたします♡♡♡
posted by 新倉 at 17:49| 日記